足のニオイの原因は様々ですが対策をとることは大切です

足のニオイの原因は、足指の間を入浴の際1本1本綺麗に洗えていないことによって、繁殖した目には見えない雑菌の増加や、足の裏に暑くもないのに汗をかいてしまって汗がなかなかひかない足裏多汗症が原因だったりします。

 

入浴時に足裏を洗う際にタオルやスポンジで洗う場合だと、表面だけしか洗えていないことが多いので、足指の間を洗う際は、手で足指の間を洗ったほうが細かい汚れが綺麗に落ちるので、手で足指の間を洗ってない人は実行するだけで匂いが解消される可能性が高まります。

 

足裏の汗をかきにくくする制汗剤の使用も同時に毎日継続します。

 

 足裏多汗症の人や暑い季節に靴下やストッキングを長時間着用している場合、自宅に帰るまで脱ぐことは難しいので、汗で靴下が湿ってしまったり蒸れてしまうことでニオイが閉じ込められてしまい、肌と靴下やストッキングは密着しているので、密室空間で外気に触れないことがニオイの発生の最大の原因になります。

 

また、パンプスやサンダルよりも、ブーツや運動靴など足が深めに入ったり、肌が靴で覆われる部分が多い靴は、換気するために立ったまま一瞬脱いで履くことが難しく、座って脱がなければ脱ぎにくいので、一日中1回も脱がずに履きっぱなしということが多いので蒸れやすく、通気性に欠けることも大きなニオイの原因となります。

 

夏やブーツを履く時は、通気性の良い靴下やストッキングの着用を推奨します。

 

 通勤・通学のために毎日履く靴を決めていて、靴を交換せずにそればかり連続で履くこともニオイの原因の一つです。前日に足裏に汗を多くかいているのに、靴を太陽の光にあてて外干ししていない、靴の中に雑菌が充満している状態の靴を履き続けることも良くないです。

 

1日間隔で靴を履き替えたり、こまめに外干しをしたり、靴の消臭スプレーを使用して殺菌を退治することは大切です。

 

 女性よりも男性に多いのですが、足のかかとの角質を軽石でこすっていなくて、かかとに触れるとガサガサしている人もいますが、この角質が汗と触れ合うことで殺菌を繁殖させるニオイの原因になっていることに気づいていない人も多いので、毎日でなくてもいいので、週に数回はかかとの角質を軽石でこすることも大切です。

 

自分の足に合わない靴を履くことも、蒸れを発生させる原因になるので、サイズが合わなかったり、履いた時に痛みを感じるものはお勧めはしないです。

 

これらを全て実行して努力したのに改善されない場合は、皮膚科を訪れ、内服薬や外服薬を用いて根本的に治療していく必要があります。